わたしの外反母趾

main_top_over_navi
main_top

新着コンテンツ

「外反母趾治療・テーピング」

外反母趾の治療には、まず外用薬として湿布薬や軟膏があります。
その他にも外反母趾になってしまい試されるものといえばテーピングが多いでしょう。
ただ、外反母趾を完全に直すためにテーピングをしていればいずれは治るかといえば、それは間違いです。

外反母趾の本当の原因_おしゃれな靴も気にせず履ける

テーピングだけでは、外反母趾を治すということは難しいですね。
テーピングの目的としてそもそも第一に痛みをとることが目的なのです。
外反母趾でのテーピングは、あくまで痛みをとってあげることに重視し、その中で痛みがあるために不自然な歩き方、バランスの悪さをまず改善させるための役割がテーピングなのです。
ですからテーピングで外反母趾が治る目的で使用するのではなく、親指の痛みが伴うためのバランスの悪さや力が入らない状態を改善させることを先決として利用しています。

そしてテーピングにより親指への力が自然に入れられるようにするために使用するのです。
ただ、通常テーピングといっても巻き方がわからない?
自分で巻けるの?という心配の方も多くいらっしゃいますが、一度方法を学べば、後はご自身で楽々まけるようになるのであえて、病院へ行き巻いてもらうことはないですね。
ですから、外反母趾の治療としてテーピングを利用してみようとお考えの方は、まず専門家へテーピングの仕方を学び、しっかりと覚え役立てるようにするといいですね。

外反母趾とは、痛みが伴うつらい病気ですから、もしや?と思い当たるところがあれば事前に専門家へ相談し、方法や治療具などについて学んでおくと重度の外反母趾にならずに改善することも可能だと思います。

外反母趾 患者数

「外反母趾治療・サンダル」


外反母趾とは、本当になった方にしかわからない痛みが伴い苦痛の病気です。
そのため早めの治療や治療具をうまく活用し改善させるように心がけることも大切ですね。

外反母趾治療には、サンダルを履いていると楽なるという意見もあります。
もちろん靴とちがい親指部分も圧迫されずにすみますから楽になりますね。

大体、外反母趾というものは、窮屈な靴を履き続けることで起こってしまう病気ですから、楽にするためにはこうしたサンダル等は効果的です。
外反母趾は、軽度のうちなら治療を施せば改善という手立てもありますが、重度となると骨自体変形し出っ張るかたちですから、手術で治すことが第一となります。
そうならないためにも、外反母趾では?と感じたら放っておかずに早急に治療を開始し、サポーターやインソール、自分に合う靴選びをきちんと行い、ケアすることが大切です。

外反母趾の場合、多くはヒールの高い靴を履くことで足の指先への負担が大きく、毎日履き続けることで変形や痛みを伴う症状がでてきます。
例えば3cmほどのヒールなら、まだ問題はありませんが、それ以上となるとかなりの圧迫が足の指先へとかかることになります。

普段から、外反母趾予防のためにこうしたサンダルを履くようにするとか、草履型サンダルを試すことは効果が期待できます。
もちろん予防のためにも外反母趾の方でもいずれも効果は期待できますから一度試してみるといいですよ。
また5本指ソックスやスリッパにも効果が期待できますね。

「外反母趾治療・サポーター」

外反母趾外来

外反母趾治療には、色々な方法があり、その中で最も気をつけたいのは靴ですが、その他にも靴に入れるインソールや外反母趾用の足袋などもあります。
外反母趾には、様々な治療具がありますが、その中で今回はサポーターについて紹介しようと思います。

外反母趾になってしまった方の中には、この治療の面においてもサポーターがあり、足底板もありますからどれがいいのかわからないのですが…という場合も多いと思います。
やはりこの方法に関しては、ご自身のやりやすく、また効果が実感できるものがいいと思いますが、今回はサポーターをお勧めしたいと思います。

サポーターあるいは、テーピングというものを治療具にはありますよね。
外反母趾は、いきなり矯正のような治療をしてしまうと中々痛みをこらえ続けるということが難しいと思うので、痛みをとりながら自然に矯正できるようなテーピングやサポーターが適していますし、治療する方も長続きできるのではと考えます。

外反母趾の治療に大切なのが、痛みをこらえ治療させるのではなく、まず痛みを改善させてあげてから矯正していくというかたちが適していると思います。
ただし、このサポーターにも色々と種類がありますから、サポーターを購入する場合はきちんと確認してから購入するように心がけ、またサポーターの装着は昼間とし、夜は装着しないことがいいでしょう。
もちろん柔軟性のあるサポーター、素材がやわらかいようなものですと夜間、寝ている場合に装着しても大丈夫です。

外反母趾の治療としてサポーターは、痛みを和らげもちろん多少の矯正も行いますから、外反母趾にお悩みの方にはお勧めです。

「外反母趾治療・インソール」


外反母趾の治療には、様々な方法がありますが、その中でインソールとよばれるものもあります。
さて、このインソールというものをみなさんはご存知でしょうか?
インソールとは、中敷のことになりますが、普段、外反母趾でない方にはあまり気にかけることの無いものですから知らないという方も多いと思います。

外反母趾にかぎらず、最近オリジナルインソールなるものが流行っていることはみなさん知っていますか?
中敷、つまりインソールは人により異なります。
ですから自分だけに合うインソールを作って使用することらしいですね。

さて、そんなインソールですが、話しは外反母趾へ戻します。
外反母趾の方は、なった方にしか知りえないつらい痛みが伴う病気です。
それも重度まで進行してしまうと益々痛みは激痛へと変ってしまうため、歩行も困難ですし、歩く時、またはたっている場合にも、痛い部分をかばった状態でいるということになります。
例えば親指部分が痛いのが外反母趾の特徴でもありますが、その部分をかばいながらあるくということは、歩き方も不自然ですし、親指へ力を入れると痛みを感じてしまいますから常に力をくわえないでいる。
そうなれば、足の親指の筋力は低下してきますし、更には力さえ入らない状態になってしまうのです。

外反母趾の治療として、そんな方のお悩みを解決するのが、インソールで痛みを庇いながら歩く場合のバランスの悪さを改善してくれるのです。
つまり外反母趾の方がご自身の靴にインソールを入れることで大分痛みを和らげ、親指にも力が入れられるようになりバランスもよくなるといえるのです。

「外反母趾の治療・マッサージ」


外反母趾の治療には、やはり第一に靴が重要です。
自分の足のサイズにきちんと合っているか、または靴専門店でのオーダーメイドを依頼しきちんとご自身にあう靴をはくことが一番ですが、他にも日頃のマッサージは欠かせません。

外反母趾になってしまうと痛みを伴うために歩行の際にもいたい部分をかばう状態で歩くこととなります。
そのために、足首はもちろんアキレス腱やひざあるいは腰までもいたくなってしまいます。
外反母趾を放置するということは、これらの症状も放置することとなり、いずれは下半身全体へと痛み、支障をきたすこととなります。
ですから、外反母趾を治療するためのマッサージは知っておくといいですね。

外反母趾のマッサージはご自身でも簡単にできるマッサージがありますから一度試してみるといいでしょう。
まず、足のマッサージ効果として紹介するのが、足指じゃんけんですが、足の指を開く又は閉じる動作を何度か繰り返しすることでマッサージとなるものです。
大体セットとして、30回を3回セットが理想ですが、はじめは自分のペースでやってみるといいでしょう。

もうひとつの外反母趾マッサージとしては、既にご自身で足指じゃんけんが痛くてできないという方用にまず、足の指関節部分をつかんで、曲げる、回すという動作を行います。
外反母趾の痛みがひどいという方は、ゆっくりこの動作、マッサージを同じく30回3セットで行ってみるといいでしょう。
最初はむりせず、少しずつでも継続してやることが大切ですね。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 わたしの外反母趾 All Rights Reserved.